« 179◼️今年度課題の背景について | トップページ | 181⬛️7❎7グリッドにて »

2017年10月13日 (金)

180◼️面談を終えて

お疲れ様です^o^

今年は最後の方で同じ内容の課題が続いたこともあり、柔軟性が持ちにくい状況の中で、皆さん本試験では大変な思いの中頑張って臨んだようです。

多少書ききれないところがあっても今年は合格者は出ます。更に北側に一部客室を持っていった方でもリゾートホテルとしての完成度があれば合格者は出るという難易度の高い試験となったようです。

失格項目及び採点基準の予測です。

1、未完成なもの(面積表や断面図が書かれていない、記述の設問に空欄があるもの)

2、リゾートホテルでないもの

3、客室が4室以上北面に向いてしまったもの

4、主要な要求室もれ

5、構造上の安全がとれていないもの

6、火災時の安全性が確保されていないもの

7、リゾートホテルの設備が理解されていないもの

8、客室の数が足らないもの

9、延べ面積、建築面積が範囲内にないもの

10、パッシブデザインが理解されていないもの

11、特別特定建築物が理解されていないもの

12、斜面を考慮した立体構成となっていないもの

例年いくつかの減点はありながらも合格しており、間違いが見つけられない方のほうが合格していない状況です。

失格項目に該当していなければ、12月の発表まで仕事に集中しながら待ちましょう。明らかな未完成の方等失格項目に抵触した場合は、切り替えも大事です。ひきずるより前を見ている方からこの試験は合格していきます。

« 179◼️今年度課題の背景について | トップページ | 181⬛️7❎7グリッドにて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598698/65909957

この記事へのトラックバック一覧です: 180◼️面談を終えて:

« 179◼️今年度課題の背景について | トップページ | 181⬛️7❎7グリッドにて »